かながわ絆プロジェクトとは

今、自分たちの足もとで、舞台によって、自分たちに何かできることはないか。
その想いがこの〈かながわ絆プロジェクト〉の始まりです。

稽古風景2011年3月11日の東日本大震災のあと、自分たちの今を考えた時、自分たちが芝居をやっていて良いのか、自分たちに何が出来るのかと考えました。
そこから出てきた答えが、まず自分たちの足元で何かを始めること。横浜の地で、何かを伝える発信地となろう、そのタイミングで出会い膨らませてくれたのが、関東大震災の記録でした。

芝居をするために集まった参加者全員で、それぞれの役まわりで自分たちがどこまで出来るかわからない事に挑戦し、それぞれの想いをひとつの芝居として創り上げていくことを大事にし、創っていけるようしていきます。

1)収益金は全て被災者に寄付します

ミュージカルの運営資金は、基本的に参加者の会費によって賄っています。 収益金は全て、被災地にお届けする計画です。
たくさんのお客様にご覧頂き、私たちが、できることを考えたいと思います。

2)震災の風化防止を訴えます

横浜の地も、関東大震災に遭い、街は廃墟となりました。山下公園は瓦礫の埋め立て地跡地ですし、野毛山公園は、震災復興のシンボルです。 横浜に暮らしながら、横浜の復興の歴史を知らない人がたくさんいます。
耳をすますと、過去とのキズナの中で私たちは生かされていることに気付かされます。
そのことが、東北への思いを繋げるための第一歩なのかも知れません。
足元の被災を忘れないこと。それが、東北の痛みを忘れないことにつながるはずです。

かながわ、横浜から、震災から感じたもの、伝えたいことを、大切に育てたいと思います。

公演情報はこちら >
チケット予約はこちら >

【お問合せ】
かながわ絆プロジェクト
tel 080-4138-4701
HP http://kanagawakizuna.com/
※お問い合わせは専用フォームからお願い致します